バイク王の査定の流れ

バイク王で査定する流れはかんたんな準備をしてネットから依頼をするだけ。30秒もあれば完了できます!
バイク王の出張査定は全国「無料」。出張費もかかりません。売却が決まればその後の手続きも全て無料でバイク王が代行してくれます。査定額に満足できかったら、交渉や売却をしないということもできます。

バイク王の査定の流れ 1.まずはバイク王のページへ。無料出張査定の依頼のほかに、無料のお試し査定ですぐに大まかなの売却額を知ることもできます。
※出張査定もお試し査定も無料なので、まずはここからスタートしてみてください。

2.売却に必要な書類を確認する。
※下にまとめましたのでご確認ください。

3.無料出張査定を依頼する。入力するのは名前と電話番号だけでかんたん。
※バイク王から電話が来るので、そこで日程などの調整ができます。

4.査定額で買い取りしてもらうか決める。
※ここで交渉することや、やっぱりやめるということもできます。

5.売却が決まったら原則その場で現金で支払いが受けられます。

6.バイクを引き取り、名義変更・廃車などの手続きもバイク王が無料でしてくれます。


売却に必要な書類
■車検証 ※250cc以下は軽自動車届出済証、125cc以下は標識交付書。
■自賠責保険証
■印鑑
■身分証明書 ※写真入住基カード(写真入)・運転免許証・保険証・パスポートのいずれか

バイク王には10秒で分かる「無料お試し査定」がある

バイク王には査定の前に10秒で分かる「無料お試し査定」というのがあります。

これは「かんたん」に「すぐ」バイクのだいたいの買い取り価格が分かるサービスなので、「出張査定はまだ迷っているけど、とりあえずどのくらいで売れるか知りたい」といった方が利用しやすくなっています。

入力するのは「メーカー」「排気量」「バイクの車種」だけ、あとは名前と電話番号を入力するだけでバイク王がその車種の買い取り上限額を教えてくれます。

もしその金額で売却に興味を持ったらそのまま無料の出張査定の依頼もできるし、もちろんそのまま断ることもできるのでだいたいの売却額が知りたいという方は利用してみてください。

ネット限定キャンペーン実施中

バイク王ではネットからの申し込み限定で「WEB限定!Amazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています。

期間は2013年10月17日~11月24日まで。

期間中に無料出張買取サービスを申し込んで、成約した人限定で抽選で100名に5,000円分のAmazonギフト券が当たります。

Amazonギフト券は、アマゾンで使えるギフト券のこと。Amazonなら何でも買い物できるので当たったらかなり嬉しいキャンペーンですね。

バイク王が選ばれる理由

「バイク買取シェアがNo.1」
「高額買い取りできるシステム」
「売却を決めたらそれで完了!現金払い!」
「出張査定も手続きも無料!」

「バイク買取シェアがNo.1」

バイク王は圧倒的な知名度でバイク買取業者の中で一番のシェアを持っています。もちろんこの実績は知名度だけでなく、実際のサービスが良くなければ達成できない数字だと思います。



「高額買い取りできるシステム」

バイク王には3週間程度で多くのバイクをバイク業者のオークションへ流して売るというシステムがあります。こうすることで輸送する経費や保管する経費を安くすませることができ、バイクを高額で買い取ることができる様にしています。



「売却を決めたらそれで完了!現金払い!」

売却を決めて、必要な書類を渡したら、その場で現金払いで買い取りをして完了します。後日必要な書類のやり取りなどもありますが、面倒な手続きなどは出張査定の日にほとんど完了してしまいます。



「出張査定も手続きも無料!」

バイク王の出張査定は、自宅まで来てくれて査定も出張も無料。買い取りが決まった後の手続きも全て無料でやってもらえます。買い取りに来てくれて、さらに費用が一切かからないというのはバイク王が選ばれるポイントになっています。



バイク王が選ばれる理由はこういった納得のポイントがあります。こういったサービスがバイクユーザーに評判となって、業界No.1のシェアを獲得しています。

バイク王に関してはよくない口コミが目立ちますが、それは扱っている数が圧倒的に多いことというのと、悪い口コミは目立ってしまうという事があると思います。

査定員の態度が悪いなど不満があれば売却前に破談すると思います。ここまで多くの数のバイクを扱っていればそういったトラブルも多くなりますが、ほとんどの人が満足して売却までいっているからこそシェアNo.1が獲得できているという事がバイク王のサービスの証明になります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意