出張査定が無料というのは大きなポイント

バイクを売るためには相手に引き渡さないといけないのですが、自分は絶対に出張査定してくれないと嫌だな、と思っています。

バイクを売るためにお店に乗って行って、帰りはそのバイクがなくなっているわけですから、お店の場所によってはとても不便ですよね?

さらに絶対に売ると決めているわけでもないので、それはもちろん査定の結果によってしっかりと判断したいわけですから、わざわざお店に行って査定してもらってみても、その結果が期待はずれの査定金額であれば、無駄足になってしまいます。

だからバイク王のように出張査定をしてくれるところでなければ、結局のところ査定してもらう候補からも外れるよなぁ、と思っているんです。

バイク王ならネットで出張査定を申し込めるので、かなり便利ですよね。

しかも、出張査定は無料です。

こちらが売るかどうかもわからないのに、わざわざ来てくれるなんて本当に時間と手間の節約になります。

もちろん、バイク王だってその出張査定を無駄にしたくないわけですから、当然こちらが倍曲したくなるような営業トークはしかけて来ます。

だけど、今どき営業なんてどこに行ってもあるし、あらかじめそれを分かった上で利用すれば問題ありません。

あちらもいろいろなお客さんに何度も断られてるので、断られたからと言って何とも思わないので気にする必要はありません。

バイク王の出張査定では、専用の軽トラックで来ます。もうこの段階でバイクを引き取る気マンマンというわけです。

自分のように金額次第かなぁ、と考えている人にとっては、絶対に売ると決めているわけではないので、わざわざ査定に来てもらうのが少し申し訳ない気持ちになりますよね。

ですが、それはそれ、相手は仕事で来てるとはいえ自分のバイクをいくらで売るのか決めるのは自分なのですから、絶対に売らなければいけないというわけではありません。

それでは何度も見積もりのために呼んでしまうのはどうなの?ということも少し考えました。

バイクって人気や需要によって買い取りの相場が大きく変動するので、時期によって査定額に差が出るということもあります。

だから期間を空けてまた出張査定をお願いしたらどうなのかな?と考えてみたのですが、これは1度目の断り方次第かな、と思います。

営業マンの話しを聞いていて、「やっぱりまだ乗りたくなったから今回はやめておきます。売りたくなったらまた連絡します。」のような断り方であれば、自然ですよね。

決して査定額で断ったわけではないですよという印象で、出張査定しにきたスタッフの人に伝われば問題ないはずです。

ここはちょっとトークの技術が必要ですが、また無料で出張査定してほしいので、自分は断るときはそのようなトークにしようと思っています。

無料ですから、少しでも高く売りたい人や急ぎで売りたい訳ではない場合で、こういった交渉が苦手ではない人は、相場が変わったタイミングでまた出張査定を呼ぶというのも一つの方法として考えても良いと思います。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意