バイク王にも良い点と悪い点がある

どのようなサービスにも一長一短はあるものですよね。

超有名なバイク王ですら、誰もが納得できる完璧なサービスを提供することはできません。

もっとも、誰もが納得する完璧なサービスってどんなもの?ということがわかれば、そのサービスを提供している会社は業績が伸び続けて大変なことになりますよね。

自分が仕事をしていても思うのですが、何かを伸ばせばどこかが縮こまる、そういうものなんです。

バイク王のサービスにも同じことが言えて、ぶっちゃけ良いなと思うところと、ちょっとな、、、と思うところはあります。

あえて悪いところから挙げていくと、なかなか値段交渉ができないという部分ですね。

自分よりもいち早くバイクを売ってしまった知人の話では、一旦提示した金額が変わることがほとんどないそうです。

知人も相当バイクが好きな人物で、新しいバイクに乗り換えるための資金として売却しようと考えたそうなんですが、いつもピカピカにしてフルにポテンシャルが引き出せるチューニングをしていたにも関わらず、全然そのバイクへの愛情が伝わらなかったと言うんです。

これはバイク王が採用しているシステムに依存してしまっているという点にあります。

変なハナシ、バイク王は完全にシステマチックな査定を実践しているので、方法さえ覚えれば誰でもバイクの査定ができてしまうんです。

そこが少し悪い点といえば悪い点です。

スタッフはあくまでバイク会社のサラリーマンなので、来るスタッフの人がバイクを好きじゃない可能性もあります。

ちょっと寂しいですけど、仕方ないと言えば仕方ないです。家電量販店でも商品知識が豊富なスタッフもいればそうでない人もいますよね。

これは大手ならではの悪いところかもしれません。

バイク王ほどの規模になるとスタッフもいろいろな人がいるのは確実ですから、こちらが期待するような人が来ない可能性もあります。

ただ、そのような悪い点を上回る良い点もたくさんあります。

それはバイク王の査定システムです。

どのような人が査定に来るのかわからないのは仕方がないとしてしても、自分なんかがそれでも問題ないなと思うのは、完全にシステマチックになっている査定の方法に信頼を感じているからです。

ハナシが合えば高くなって、合わなかったら安くなってしまうなんて、相手によってこちらも態度を変えなければいけませんし、それはあまりにも面倒だと思うわけです。

専用の端末でピピっと計算してくれるというバイク王なら、こちらがどういう態度であっても査定結果は変わらないということですから、それはとても良いことだと思います。

全国的に同じシステムのサービスを提供できるというのはバイクを売る側から見てもメリットになります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意